秋から冬、そして冬から春



秋から冬、そして冬から春。季節をまたぎ、なんとか乗り切ってここまで来た。
久方ぶりの光のエネルギーに満ちた海辺を歩くと、のぼせ上がるように体温が上昇してくるのを感じる。
暦の候でも、ちょうど今頃に虫が土から這い出してくる時期でもある。

気がつけば、このBlogも5ヶ月ほど続けていることとなる。
生まれてこのかた日記も言葉による記録も録ったことがない人間が、よく続いているモノだと我ながら感心する。
撮り続けること、言葉を綴り続けること、私は何に導かれ、何処へと辿り着くのであろうか?

毎日が慌ただしいことには変わりないが、日々の過ごす中で心洗われると感じた一瞬、懐かしいと感じた光景、ふと降りて来た感覚と言葉、それらを一つずつ拾い上げて、カタチにして行きたいと思う。

20160304-1.jpg
20160304-2.jpg
20160304-3.jpg
20160304-4.jpg
20160304-5.jpg
20160304-6.jpg
CAMERA: Leica M Monochrome type 246 LENS: Summicron M 50mm F2 (6bit)
Copyright © Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光 All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ
↓にほんブログ村へ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
↓FC2ブログランキングへ↓
↓人気ブログランキングへ↓

コメント

No title

モノクロームでも、徐々にのどかな温度感が映し出されていくものですね。ほっと一息つけるようなお写真でした。こちらはどちらなのですか?

Re: No title

ご来訪、コメントありがとうございます。
私はあまり器用でないので、今年はモノクロームだけに集中してスナップショットを撮っています。モノクロームで新年から今日まで追ってくると、色という情報がない分、光の量とエネルギーが日毎徐々に増してくることを感じます。そこに長閑かな温度感を感じていただければ幸いです。
MY HOMETOWNは敢えて名指しを避ける街として描かれてますが、この浜は東南方向に海が開け、よく晴れた午前は海が輝き、また昇る月が海に光を落とす素敵な場所です。このすぐ隣にも白い砂の浜があり、夏には花火をして楽しんだりします。
これからも当ブログを少しでもお楽しみいただき、ご共感いただけるところがあれば幸いです。

> モノクロームでも、徐々にのどかな温度感が映し出されていくものですね。ほっと一息つけるようなお写真でした。こちらはどちらなのですか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

photoromancer

Author:photoromancer
「Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光」
〜心洗われるM Monochromで紡ぐ刻〜へようこそ!

途切れることのない川の流れのように過ぎて行く愛おしい時間と季節、光と影の記憶を、モノクロームへと昇華させここに紡いで行きたい。

当ブログ掲載のコンテンツ(写真、文章)の著作権は作者photoromancerに帰属しますので、転載、転用、二次利用はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。
COPYRIGHTS(C) 2015-2017 photoromancer all rights reserved.

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

日本ブログ村ランキング

人気ブログランキング

FC2アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
2277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
810位
アクセスランキングを見る>>