夏至の頃 YOKOHAMA



久々にblogへと写真をアップして見た。

3月に石垣島の旅の写真をアップして以来、少し今までと違った方向へと労力を注いでいた。
ここ5ヶ月、かなり集中してモノクロプリントを仕上げて行くノウハウを研究し続けて見た。
M Monochromで撮影→Photoshopを通してイメージに近いトーンへ調整→インクジェットプリンタで出力。
このワークフローの試行錯誤を繰り返し、自分自身の基準値となるものを手探りで探し続けた。(そして今も探し続けている。)

一番上流部にある「M Monochromで撮影」は至ってシンプルで良い。
レンズもSUMMICRON 35mm F2 & 50mm F2の2本しかなく、カメラ内の設定パラメーターもそう多くはない。
特にモノクローム撮影がシンプルで良いなと感じるポイントは、ホワイトバランスでアレヤコレヤと悩んだり、試行錯誤の必要がないところである。
基本的にM Monochromカメラ内の画像処理エンジンが描き出すJPEG画像をベースに、そこから川下の作業を進めることとなる。

次にPhotoshopでイメージに近いトーンへ調整して行く。
こちらも基本的に凝ったことはせず、レベル補正レイヤーでまず調整し、トーンカーブレイヤーで仕上げ行く。
また、調整レイヤーを数層挟んで「焼き込み」「覆い焼き」を施して行く。
経験則的に、直感で施した各パラメーター調整量を10とすると、後から2割引ほど戻してあげたほうがナチュラルな感じに仕上がるようだ。

一番川下のインクジェットプリンタで出力のプロセスが一番難しく、試行錯誤を繰り返すことになると実感している。
モノクロームの写真データを使い、プリンタ設定を「モノクロ写真」にしても、すぐに美しいモノクロプリントを手にすることはできない。ケースによって赤味がかったり、緑味がかったり、青味がかったりと、見事な「色かぶり」が生じることが多い。また、その「色かぶり」の傾向は、使用する用紙のテクスチャ感・白色度・光沢感によっても変化する。
常用のプリンタ用紙「GEKKO ブルー・ラベル」に統一し、試行錯誤しながらプリンタ設定項目の「色かぶり調整」のベストな値に近くて行く他ない。
出力されたプリントを評価しながら、1つ前のPhotoshopプロセスに戻りレイヤーごとに調整し直したり、プリンタの色かぶり調整を施しながら、自分が描くイメージに徐々に近づけて行く。

この5ヶ月でインクと印画紙を随分浪費したが、以前よりずっと容易にイメージに近いモノクロームプリントを描き出すことができるようにはなってきた。
Web、SNS、写真共有サイトでの写真共有は容易ではあるが、質感・存在感ある「プリント」をうまく共有して楽しむ遊び方はないだろうか?と色々思案しているところである。
20170724-1.jpg
20170724-2.jpg
20170724-3.jpg
20170724-4.jpg
20170724-5.jpg
20170724-6.jpg
20170724-7.jpg
CAMERA: Leica M Monochrome type 246 LENS: SUMMICRON 50mm F2
Copyright © Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光 All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ
↓にほんブログ村へ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
↓FC2ブログランキングへ↓
↓人気ブログランキングへ↓

検索フォーム

プロフィール

photoromancer

Author:photoromancer
「Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光」
〜心洗われるM Monochromで紡ぐ刻〜へようこそ!

途切れることのない川の流れのように過ぎて行く愛おしい時間と季節、光と影の記憶を、モノクロームへと昇華させここに紡いで行きたい。

当ブログ掲載のコンテンツ(写真、文章)の著作権は作者photoromancerに帰属しますので、転載、転用、二次利用はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。
COPYRIGHTS(C) 2015-2017 photoromancer all rights reserved.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

日本ブログ村ランキング

人気ブログランキング

FC2アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
4361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1536位
アクセスランキングを見る>>