夜空を見上げてごらん



今夜は十三夜の月、中秋の名月の次に巡ってくる「丸く満ちる少し前の月」
いにしえの時代には、中秋の名月の十五夜を見た後、必ずその後に巡ってくる十三夜を愛でる習慣があったそうで、この十三夜の月を愛でないことを「片見月」と呼び、縁起の悪いことと言われていたそうな。

真円に少し満ちる前の月の姿、照らされない影を少し残している月、シンメトリーでないどこかアンバランスさを持つ姿、十三夜の月には自然そのものの美しさよりも、人間らしい美しい姿を投影しては、いにしえの時代より愛で続けてきたのではないだろうか?

つぎの夜から欠ける満月より
十四番目の月が好き

なんて、私が美しい月に出会った頃に聴いた歌の歌詞をふと思い出した。
20171101-1.jpg
CAMERA: Leica M Monochrom typ 246 LENS: SUMMICRON 35mm F2 ASPH.
Copyright © Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光 All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ
↓にほんブログ村へ↓
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
↓FC2ブログランキングへ↓
↓人気ブログランキングへ↓

コメント

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

photoromancer

Author:photoromancer
「Flash and Shadow レンズに導かれる夢の光」
〜心洗われるM Monochromで紡ぐ刻〜へようこそ!

途切れることのない川の流れのように過ぎて行く愛おしい時間と季節、光と影の記憶を、モノクロームへと昇華させここに紡いで行きたい。

当ブログ掲載のコンテンツ(写真、文章)の著作権は作者photoromancerに帰属しますので、転載、転用、二次利用はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。
COPYRIGHTS(C) 2015-2017 photoromancer all rights reserved.

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

日本ブログ村ランキング

人気ブログランキング

FC2アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
2277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
810位
アクセスランキングを見る>>